Markdownエディタ「Haroopad」を使ってみた

経緯

僕はブログ記事をMarkdownで書いている。
当初はvimで書こうと思っていたのだけども、プレビューを表示させようとすると色々限界があって、使っていなかった。
かといってソフトをわざわざインストールするまでもないだろうということで、今まではオンライン上のツールを使っていた。

だが先日オンライン上で書いてる途中で事故で消してしまったこともあってローカルでやるべきだと思い知ることとなる。
今回はそのお試し1号としてHaroopadを試してみる。

ダウンロード

ダウンロードは下記サイトから

http://pad.haroopress.com/

Mac版があるのでそれをダウンロード。
dmgで落ちて来るので開くと以下のような感じでドラッグドロップすれば良い。

f:id:syguer:20140320214943p:plain

起動するときに以下のような画面がでたらcommandを押しながらopenするお約束

f:id:syguer:20140320214908p:plain

使い方

開くと一般的なMarkdownエディタと同じくエディタとプレビューが並んだ感じになる。

f:id:syguer:20140320214926p:plain

vimキーバインドを使うときは以下のオプションを有効に。

f:id:syguer:20140320214958p:plain

行数を表示するときは以下のオプションを有効にする。

f:id:syguer:20140320215014p:plain

使い心地

編集自体は普通なのだが、Google日本語入力と相性が悪いのか、日本語入力をしている時にスペースを叩いても変換候補が出てこなくて2回叩く必要がある。
これは若干使いづらい…
他は特に問題なし。
普段Markdownで書いてるとかいいつつもハイライト忘れたりするんだけどメニューから挿入できるのは良い。

f:id:syguer:20140320215035p:plain

まぁこの程度の機能は他のMarkdownエディタにもついてるだろうけど

結論

日本語変換の候補がなぜかスペース一発ででないのは残念極まりない。
他のものも試してみようと思う。

広告を非表示にする